乳腺診断 2(冊数限定)

 
7,480 
9784906714704
在庫あり
+
【発行年】2019.04  【出版社】ベクトルコア
【著者】 辻本 文雄
症例集に徹した前著とは異なり、充実した総説で、マンモグラフィと超音波検査の特性の違いを明確にしています。それに伴い本書では、症例の扱いも異なります。症例には特に示唆的と思われる症例、疾患として取り上げておくべき症例を精選し、前著と同じく、判定当時のカテゴリーとコメントから解説をスタート。前著を補い、強める組み立てになっています。

0 はじめに(おことわり)(「乳癌取扱い規約」第18版と本書の記述について;
    主な改訂点)
1 総説 マンモグラフィ(マンモグラフィの基本と注意点;マンモグラフィ診断の
    特徴 ほか)
2 総説 超音波(乳腺腫瘤良悪性の診断基準;乳がんの典型的な超音波像 ほか)3 総説 知っておくべき疾患(乳房の良性疾患(境界領域含む);嚢胞cyst
    ほか)
4 症例編(マンモグラフィ所見:C1~2;マンモグラフィ所見:C3 ほか)